【トレーニングチューブ女性】使い方やおすすめのメニューをご紹介!

コロナウイルスの影響で、ジムではなく自宅でのトレーニングが増えたという人も多いのではないでしょうか?

 

特に、最近ではトレーニングチューブを使って、女性でも簡単に筋トレが出来るメニューが人気を集めています。

 

そこで今回は、トレーニングチューブの使い方や、女性におすすめのメニューなどをご紹介していきたいと思います。

トレーニングチューブのメリット

それでは早速、トレーニングチューブを使う事で得られるメリットをご紹介していきましょう。

 

手軽さ

まず1つ目は、手軽さです。

 

女性にとって、ダンベルや負荷が大きいトレーニングは続けづらいですよね。

 

しかし、トレーニングチューブを使った筋トレなら、自分の体力に合わせて手軽に行う事が出来ます。

 

また、トレーニングチューブはとても軽いので、場所を選ばず筋トレが出来るのも魅力です。

 

様々なメニューに応用できる

2つ目は、様々なメニューに応用できるという事です。

 

トレーニングチューブは、筋トレだけでなくストレッチを行う際にも使う事が出来ます。

 

伸縮性があり、様々な筋肉にアプローチ出来る、トレーニングチューブならではのメリットと言えるでしょう。

 

本格的な筋トレから、柔軟性をアップさせるストレッチまで、トレーニングチューブ1つで行う事が出来るのです。

 

怪我の心配が少ない

そして3つ目は、怪我の心配が少ないという事です。

 

筋力が弱い女性は特に、筋トレ中に筋肉を傷めてしまう事が少なくありません。

 

日頃の運動不足や、普段使わない部分をいきなり鍛えると、大きな怪我に繋がるのです。

 

その点、トレーニングチューブは筋肉の柔軟性を高める事を目的としており、怪我を最小限に抑えることが出来ます。

 

また、トレーニングチューブ自体が非常に軽いので、不慮の事故が起きる危険性が低いというメリットもあります。

 

女性におすすめトレーニングチューブの種類

それでは次に、女性におすすめのトレーニングチューブの種類をご紹介していきたいと思います。

 

ハンドルチューブタイプ

1つ目は、ハンドルチューブタイプのトレーニングチューブです。

 

ハンドルが付いているので、手の小さな女性でも扱いやすい特徴があります。

 

負荷の調節は出来ませんが、トレーニングチューブを初めて使う女性には、特におすすめです。

created by Rinker
SINTEX(シンテックス)
¥1,108 (2021/04/14 20:57:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ゴムバンドタイプ

2つ目は、ゴムバンドタイプのトレーニングチューブです。

 

ゴムバンドタイプは、様々なメニューに応用することが出来て、負荷を調節することが出来ます。

 

横幅が広く縦長の形が特徴で、2つ折りなど折りたたみ方を変える事で、負荷の調節を行います。

 

また、1本のゴムバンドタイプなので、柱などに縛った状態で使う事も可能です。

 

チューブタイプ

そして3つ目は、チューブタイプのトレーニングチューブです。

 

大きな輪の形をしたトレーニングチューブで、脚で押さえながら筋トレしたり、どこかに引っ掛けて筋トレする事が出来ます。

 

特に、全身の筋トレを目的とした時に、おすすめのトレーニングチューブです。

created by Rinker
D&M(ディーアンドエム)
¥1,404 (2021/04/14 17:36:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

トレーニングチューブで効果のある部位

次に、トレーニングチューブを使う事で、効果のある部位をご紹介しましょう。

 

トレーニングチューブは、全身の筋肉を鍛える事が出来るアイテムです。

 

その中でも、特に女性が気になる部分に効果を発揮してくれます。

  • 腹筋
  • 背筋
  • 胸など

腹筋をはじめとした、気になる二の腕や胸の筋肉も、トレーニングチューブを使うと鍛える事が出来るのです。

 

女性におすすめの使い方~メニューを紹介!

それでは最後に、トレーニングチューブを使った、女性におすすめの使い方をご紹介したいと思います。

 

シーテッドローイング

1つ目は、シーテッドローイングです。

 

この筋トレメニューは、主に背中から腕にかけて効果があります。

 

MEMO
  1. 床に体育座りをして、脚にトレーニングチューブをかけます。
  2. 背筋を伸ばした状態で、腕は前に伸ばしましょう。
  3. その状態から、ひじを後ろに引きます。
  4. ひじとひじを背中でくっつける感じに引いたら、元に戻します。
  5. この動きを45秒間行いましょう。

 

ワンハンドラットプル

2つ目は、ワンハンドラットプルです。

 

MEMO
  1. 床にあぐらをかいた状態で座り、背筋をまっすぐ伸ばしましょう。
  2. そして、腕を万歳のように上にあげます。
  3. 片手は伸ばした状態で、反対側の手は後ろに引きます。
  4. ひじが背中の後ろに来るように引き、限界まで引いたら元に戻します。
  5. この動きを交互に、20秒間行いましょう。

 

まとめ

さて今回は、トレーニングチューブの女性におすすめの使い方やメニューをご紹介してみました。

 

男性に比べて、筋力が弱い女性は負荷の大きい筋トレをいきなり始めると、逆に筋肉を傷めてしまう可能性があります。

 

そうならない為には、女性の体に合ったトレーニングチューブを選び、負荷の少ない使い方から始めていくのがおすすめです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です