パワーボールで筋肥大を目指す!効率的なトレーニング&おすすめ2選を紹介!

パワーボールは、握力アップや手首を鍛える器具というイメージが強いので、筋肥大は目指せないと考えている人は多いです。

 

小さな器具のため、負荷も小さく、効果を実感するまでに時間はかかります。

 

しかし、実際は使い方によってしっかりと筋肥大を目指せるので、効率的なトレーニング方法や筋肥大におすすめのパワーボールをご紹介します。

パワーボールで筋肥大はできる?効果の特徴

パワーボールは、細かな部分の筋トレができるので、トレーニング初心者だけではなく上級者にも人気がある器具です。

 

手首はもちろんのこと、腕全体を引き締める効果が期待できるので、ダンベルなど大きなトレーニング器具と比べると気軽に運動ができる点がメリットといえます。

 

ただ負荷も小さく、しっかりトレーニングを行って、筋肥大を目指す人にとってはあまり効果がないのかと悩む人も多いです。

 

そのため、パワーボールの効果の特徴をご紹介するので、参考にしてみてください。

 

徐々に筋肥大が目指せる

パワーボールの効果は、1ヶ月程度使用してみて少しずつ実感できるものです。

 

そのため、すぐに効果を実感したいと思う人には向いておらず、徐々にでも鍛えたい人には向いています。

 

日々の積み重ねが大事なトレーニング器具ですが、筋肥大も少しずつ可能です。

 

はっきりとムキムキになるわけではありませんが、トレーニングをする前よりも筋肥大を感じられます。

 

負荷が小さなトレーニング器具は、筋肥大が難しいとイメージされていますが、時間をかけることで十分に可能です。

 

安全にトレーニングが可能

パワーボールの重さは、大体200g〜300g程度なので力が弱い人やトレーニング初心者でも十分にトレーニングができます。

 

サイズ感も重さによって違いますが、片手で収まるため持ち運びもできますし、万一手が滑って落としてもケガの心配はありません。

 

ダンベルなどの大きなトレーニング器具を使用すると、どうしてもケガやトラブルに発展する可能性があるので、安全にトレーニングができるパワーボールは非常に魅力的といえます。

 

トレーニングの際も、関節への負担が少ないので、手首を痛める可能性も低いです。

 

また、パワーボールは重さを利用して筋肥大を目指すのではなく、遠心力を使って負荷をかけて筋肉を増やしていく方法です。

 

トレーニングの際に自分で回転数を変えることが可能なので、低めの負荷からスタートできるなど自分のペースでトレーニング可能な点がメリットといえます。

 

腕全体のトレーニングが可能

パワーボールは手首の他にも、前腕・上腕二頭筋・三頭筋など、腕全体のトレーニングが可能です。

 

そのため、ピンポイントでのトレーニングも可能ですが、全体的に腕の筋肥大を目指している場合も効率的といえます。

 

使い方によっては、肩のあたりまで鍛えることができるので、幅のあるトレーニングが実現できます。

 

パワーボールで効率的にトレーニングする方法

パワーボールは、他のトレーニング器具より負荷が小さいので、筋肥大をすぐに目指せるわけではありません。

 

しかし、日々のトレーニングを積み重ねていくと筋肥大も十分に見込めます。

 

より効率的にトレーニングを行って、筋肥大を目指してみてください。

 

筋肥大を目指すなら全力で手首をスナップさせる

しっかりと筋肥大を目指すのであれば、とにかく全力で手首をスナップさせましょう。

 

たくましい腕を手に入れるためには、それだけ負荷を大きくしなくてはいけません。

 

手首を痛めない程度を意識する必要がありますが、パワーボールの回転に慣れてきた段階で、全力のトレーニングをしてください。

 

あまり長い時間全力でスナップさせていると、どうしても手首を痛めるため、全力で動かすのは30秒〜1分程度にします。

 

筋肉を増やしたい部分を動かす

例えば、前腕・上腕二頭筋・三頭筋を鍛えたいという際に、手首のスナップだけでは筋肥大までかなり時間が必要です。

 

効率的なトレーニングの方法は、鍛えたいと思う部分を動かすことだといえます。

 

手首を固定し、鍛えたい部分を使って内蔵ボールの回転に合わせてトレーニングをすると、効率的に鍛えられるのです。

 

上腕や肩の部分は、パワーボールを持つ手を肩より上の位置に持って動かしましょう。

 

パワーボールでしっかり筋肥大を目指したい!おすすめパワーボール2選

世界中に愛用者がいるため、多くのパワーボールが販売されています。

 

効率的に筋肉を育てたいけど、何を選べばいいのかわからないと悩む人も多いでしょう。

 

数あるパワーボールの中でも、筋肥大を目指しやすくておすすめなパワーボールを2種類紹介するので、参考にしてみてください。

 

RPM Sports NSD パワーボール ClassicBlue

デジタルカウンター付きモデルで、内部にはマイクロローター技術が搭載されているパワーボールです。

 

静音性が高く、全力でトレーニングしてもうるさくありません。

 

振動も少ないので、バランスの取れた回転で初心者でもコツが掴みやすいです。

 

最大回転数15,000回、14kgの負荷をかけられるため、しっかりとトレーニングし、筋肥大が目指せます。

created by Rinker
RPM Sports
¥7,423 (2023/02/06 21:14:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

NSD Spinner TITAN

トレーニングに慣れていて、筋肥大に目指したい人におすすめなパワーボールです。

 

重量が486gあり、最大回転数10,000回以上、57kgの負荷がかけられるので、重たい筋トレができます。

 

回転数が5,000回程度でも負荷が14kgかかるため、パワーがあり筋肥大が目指しやすいパワーボールだといえるでしょう。

 

オートスタートタイプで、後付けでカウンターを取り付けられる点も魅力的です。

 

少しずつでも筋肥大を目指せる!効果的なトレーニングをしよう

パワーボールは負荷が小さいですが、筋肥大ができないトレーニング器具ではありません。

 

慣れるまでは、パワーボールの回転に合わせられなくて大変ですが、慣れてきた段階で効率的なトレーニングに移行しましょう。

 

少しずつでも筋肥大を目指せるので、パワーボールを利用して自分のペースでトレーニングしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です