メディシンボールと野球トレーニングとは?効果や小学生等の重さを紹介

メディシンボールを使ったトレーニングは、本格的なものから手軽なフィットネスまで多くの方が、取り入れておられると思います。

 

強靭な身体を作ることは勿論ですが、実際のスポーツのパフォーマンスアップも期待できるものとなっています。

 

例えば、野球なんかがそうで、メディシンボールを使ったトレーニングはバッティングにも有効なものとして注目されています。

 

今回は、そんなメディシンボールを使った野球トレーニングについて見ていきます。

 

そもそもメディシンボールとは?メディシンボールを使った野球トレーニングって?

メディシンボールを使った野球トレーニングについて紹介する前に、メディンボールについて簡単に紹介しておきます。

 

メディシンボールとは、サッカーやドッジボールぐらいの大きさなのですが、通常のボールよりも重くできています。

 

その重さを利用してトレーニングを行うのですが、野球のパフォーマンスアップのために導入されることもあります。

 

メディシンボールを使ってのトレーニングは、ウエイトトレーニングのように使う場合もあるのですが、その他にもメディンボールを投げたりすることもあります。

 

野球でのパフォーマンスアップを望む場合、このメディシンボールを投げるトレーニングを取り入れると有効です。

 

そして、それはバッティングでの飛距離アップにも有効とされています。

メディシンボール野球トレーニングのやり方、効果やメリットは?

メディシンボールのトレーニングを野球に取り入れる場合は、投げるようにして使うという風に紹介しましたが、具体的にはバッティングで、ピッチャーのボールを打つ時の構えで、メディシンボールを両手で持ちます。

 

そしてその体制から、実際にバットを振るかのように身体を使ってボールを遠くへ投げるようにするのです。

 

この時のポイントは、腕を使ってボールを投げるのではなく、身体全体を使うということです。

 

イメージとしては、下半身から体幹を使ってパワーを腕に伝え、そして最後にメディシンボールをリリースするというものです。

 

バッティングでボールを遠くへ飛ばすには、効率よく全身の力をボールに伝える必要があり、バッティングで悪い例として、「手打ち」というのがありますが、その反対のイメージです。

 

そのための身体の使い方、タイミングを覚えるのに、腕だけでは遠くへ投げることができないメディシンボールが有効なわけです。

 

実際にバットを振る、ボールを打つよりも、身体の使い方を体感して覚えることができます。

 

勿論、下半身や体幹を鍛えることにも繋がりますから、一石二鳥といった感じですね。

メディシンボール野球トレーニングの年代別(小学生等)の重さの目安は?

メディシンボールには色々な重さのものがありますが、特に少年期では、年齢や体格、体力に応じたものを使う必要があります。

 

重ければいいというものではなく、重すぎるものは逆に故障に繋がるようです。目安として次のような感じです。

 

目安は!?

  • 7~9歳 1kg ~ 3kg
  • 10~15歳 → 3kg~5kg

 

メディシンボール野球トレーニングでおすすめのメディシンボールを紹介

では、メディシンボールを使った野球トレーニングに最適なものをいくつか紹介していきます。なお、価格等は2020年11月4日現在のAmazonでのものになります。

 

Fungoal ソフトメディシンボール ウォールボール

Fungoalのこのメディシンボールには、3キロのものと5キロのものとがあり、直径は35センチとなっています。

 

特徴として、柔らかくてキャッチしやすいことが特徴となっています。ボールの表面はPVCでできていて、中に砂鉄が入っています。

 

砂鉄の周りにはPPコットンが詰め込まれていて衝撃が緩和されるようです。

 

紹介されているトレーニング方法は投げることがメインとなるようで、2人一組で投げ合う、または1人の場合は丈夫な壁に向かって投げても大丈夫です。

 

メディシンボール ラバー製

こちらのメディシンボールは少年期から野球トレーニングに使うことができるような重さが揃っています。

 

1キロ、 3キロ、 5キロといったラインナップになっています。

 

1 キロのもので2,000円、3 キロのもので2,680円、5 キロのものが3,280円となっています。

created by Rinker
maisum (マイスム)
¥2,680 (2020/11/28 03:01:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

ラバー製で砂は使用していないようで、表面は握りやすい構造となっています。ラバー製なので、少し弾むようにできています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回はメディシンボールを使った野球トレーニングについて見てきました。

 

バッティングでボールを遠くへ飛ばすには、身体の力は勿論、効果的な使い方を覚える必要がありますが、このメディシンボールを使ったトレーニングならば、楽しみながらトレーニングが出来そうですね。

created by Rinker
maisum (マイスム)
¥2,680 (2020/11/28 03:01:27時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です