バトルロープは自宅でもできる?メリットや注意点は?音はうるさい?

コロナ禍で自宅でいる時間が増えたことから、家で行うトレーニングに関心が高まっています。

 

勿論、おうち時間増えたということもありますが、体力アップにより免疫力を高める、あるいは、運動不足になりがちな生活の中でのダイエットやシェイプアップ、ボディメイクといったことが目的となってきます。

 

そんな中、バトルロープを使ったトレーニングにも注目が集まっています。

 

今回は、家、自宅で使うバトルロープについて紹介していきたいと思います。

そもそもバトルロープとは?効果、やり方は?

バトルロープトレーニングとは、太くて重いロープ状のものを使って行うトレーニングです。

 

バトルロープは、大きな負荷をかけて行うトレーニング用のマシーンに較べると、シンプルなトレーニング器具ですが、全身をバランスよく鍛えることができるものであると同時に、有酸素運動であるため、ダイエット効果も期待できます。

 

トレーニングのやり方もいたってシンプルなもので、重くて太いロープを両手で持って、波打つように動かすだけです。

 

この時に注意しなければいけないのは、腕力に頼るのではなく、全身を使ってロープを操作するということです。

 

結構、ハードなトレーニングでもあるため、20秒ぐらいの短い時間でインターバルをおきながら、数セット行うのが最適です。

バトルロープは自宅でもできる?そのメリットは?

バトルロープは自宅でも簡単に出来るトレーニングです。

 

一人でも安全に出来ますし、使うのはバトルロープだけです。

 

また、バトルロープは他のトレーニング器具に較べるとシンプルなもので、値段もお手頃なものも出ています。

 

そして、トレーニングをしていない時は、簡単に片づけることができます。

 

このようなことから、バトルロープトレーニングは自宅で行うのに都合がいいものとも言えます。

バトルロープを自宅でつかう注意点は?音はうるさい?

バトルロープを自宅でつかう場合、トレーニングを行うための場所、スペースが必要となってきます。

 

広いスペースが必要というわけではありませんが、ある程度の長さが必要となってきます。

 

バトルロープの長さにもよりますが、だいたい5から6メートルぐらいのスペースを探してください。

 

そして、バトルロープを固定する必要が出てきます。支柱等を使ったり、あるいは壁にアンカーを埋め込む、もしくはダンベル等の重たいものを使うことが考えられます。

 

ガレージや倉庫といった屋外のスペースの利用もおススメですが、家の中で行う場合は、廊下等でも大丈夫かもしれません。

 

ただ、家の中で行う場合、床や壁を傷つけないように、そして、音への配慮といったことが大切です。

 

例えば、マットを敷く、壁を保護するといったことで解決できるかもしれません。

 

自宅でのトレーニングにおすすめのバトルロープは?

では、自宅でのトレーニングでもおススメのバトルロープをいくつか紹介していきます。なお、価格等は2021年5月28日現在のAmazonでのものになります。

 

Amazonベーシック トレーニングロープ

ベーシックな商品で、いくつかのサイズがあるのですが、自宅で使いやすそうな、直径4センチ、長さ9メートルのもので、価格の方は4,216円となっています。

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥4,254 (2021/08/03 06:31:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

FDBRO 極太バトルロープ ジムロープ トレーニングロープ

こちらの商品は、ナイロン製でナイロンコーティングが施されているため 、通常のバトルロープよりも丈夫で耐久性があり、長く使えるようです。

 

今度は先ほどよりも少し長めのものを紹介しておきますが、直径38ミリ、長さ12メートルのもので7,999円となっていました。

 

H&Yo ジムロープなわとび

最後にいわゆるバトルロープとは違うものを1つ紹介しておきます。縄跳び用のロープになるのですが、バトルロープと同じように太くて長いものです。

 

直径38ミリ、長さ3メートルと太く、そして重いため、バトルロープと同じような効果が期待できます。価格の方は、2,990円となっていました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は自宅で行うバトルロープトレーニングについて見てきました。

 

確かにインストラクターについてもらう必要のないものや、かさばる高価なマシーンを使うものでなければ、自宅でトレーニングできれば、それにこしたことはないと思います。

 

バトルロープトレーニングもその1つです。宅トレにバトルロープを取り入れることで、理想的な身体をデザインしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です