ストレッチボードとは?使い方や効果は?おすすめ商品の口コミや価格も!

長時間のデスクワークが原因で足がむくみやすかったり、つま先が冷えてしまうということはありませんか?

 

長時間座りっぱなしの状態が続いてしまうと足の血行が悪くなり、むくみや冷え、腰痛、肩こり、疲れが取れにくくなったり、下半身が太りやすいなど、さまざまな体の不調を抱えやすいです。

 

そのため、ストレッチを日常に取り入れたいけれど、なかなかできないというお悩みも。

 

そんな時に手軽にストレッチを取り入れられるのがストレッチボードです。今回はストレッチボードについて効果やメリットを深掘りしていきます。

 

日常にストレッチを取り入れて健やかな体づくりを目指したいという方の参考になったら嬉しいです。

ストレッチボードとは?

まず、ストレッチボードについて解説します。

 

ストレッチボードは傾斜のついたボードの上に足を乗せるストレッチ器具です。

 

傾斜を利用し、つま先をあげながらボードの上に立つことで効果的にふくらはぎや足首を伸ばすことができます。

 

ストレッチボードの角度は自分の筋肉の状態に合わせて調整することができるため、ストレッチを始めたいと思っている初心者の方におすすめです。

 

運動不足を感じる若年層の方から、筋力の衰えを感じる高齢者まで幅広く使用することができます。

 

また、体の改善を目的としたトレーニングジムや整骨院などでもストレッチボードは取り入れられています。

ストレッチボードを使って感じる効果やメリットは?

ストレッチボードを使って感じる効果やメリットはどのようなものがあるのでしょうか。実際に使ってみて感じる効果をご紹介します。

 

むくみの解消

まずご紹介するのがむくみの解消です。

 

心臓から遠いふくらはぎはどうしても血流が悪くなりむくみやすいです。

 

足に溜まった血液を心臓へ送り戻してくれる役割をしているのがふくらはぎです。

 

ふくらはぎは血液循環の大切な役割をしていることから”第二の心臓”と呼ばれています。

 

ストレッチボードを使うことでふくらはぎの筋力を鍛えて、血液を心臓へと送り、足のむくみを解消してくれます。

 

足のむくみが改善されると足全体がすっきりし、美脚効果も得られます。

全身の血流が良くなる

次にご紹介するのが全身の血流が良くなる効果です。

 

先ほどご紹介したように、ストレッチボードを使用し、ふくらはぎの筋肉を鍛えることで足に溜まった血液が心臓へと送られ、全身の血流がよくなります。

 

血流が良くなることで、体の老廃物が体外に排出されたり、基礎代謝が上がる、自律神経の乱れを整える、冷え性の改善などのさまざまなメリットが得られます。

怪我の予防

次にご紹介するのが怪我の予防です。

 

ストレッチボードを使用することで固まってしまっていた足首周りやふくらはぎの筋肉の柔軟性が高まります。

 

足首やふくらはぎの筋肉の柔軟性が高まると、急に体を動かした時に筋肉を痛めてしまったり、肉離れを起こすような怪我やこむら返りを防止することができます。

膝痛・腰痛・頭痛・肩こり改善

次にご紹介するのが膝痛・腰痛・頭痛・肩こり改善の効果です。

 

ストレッチボードを使用することでふくらはぎの筋肉が柔軟になり、足に溜まった血液を身体中に送り出してくれます。

 

血液の循環が良くなることで膝痛・腰痛・頭痛・肩こりの改善に効果的です。

姿勢の改善

次にご紹介するのが姿勢の改善です。

 

ストレッチボードに正しい姿勢で立つことで、バランスを取ろうとしてインナーマッスルを鍛えることができます。

 

インナーマッスルを鍛えることで自然と美しい姿勢をキープすることができるようになります。

ストレッチボードの使い方は?

次にストレッチボードの正しい使い方をご紹介します。

 

まず、角度の調整方法ですが、立った時にふくらはぎが気持ちよく伸びる高さを目安にします。

 

そして足首が硬ければ角度を低くして、足首が柔らかければ角度を高くしていきます。

 

ボードの上で真っ直ぐに立った時にお尻が出っぱってしまう場合は角度を低くします。

 

適切な角度で調整できたらストレッチボードを水平な場所に設置します。

 

そしてその上に足を乗せて顎を引いて背筋をしっかりと伸ばして立ち、骨盤を立てるイメージで真っ直ぐに姿勢をキープします。

 

始めのうちは1日のうち1〜2回程度、時間は30秒を3セットと決めて行い、ストレッチの後に体に痛みはないか確認しながら行っていきましょう。

 

そして慣れてきたら前屈などを取り入れるとより体の柔軟性が高まります。

ストレッチボードのおすすめ商品の価格や口コミ

次にストレッチボードのおすすめの商品や口コミをご紹介します。

 

StrongTek ストレッチボード

価格:9,490円

サイズ:‎42.5 x 34.5 x 16.1 cm
重量:4.13 kg

 

 

良い口コミ

  • リビングに置いておけば、ついでに乗ってストレッチ!段階も変えられますし、ずっしりしてるか ら安心して乗れます。お値段は高いけれどずっと使えるいいお品物でした!
  • 母親にプレゼントしました。ふくらはぎのストレッチ効果で足のダルさ膝の痛みの改善になりました。

 

 

悪い口コミ

  • どうしたら腰にいいのか❓️膝にいいのか?足首にいいのか❓️全くわからない⁉️貼付書類が不親切😠💨

 

アサヒ ストレッチングボード

価格:6,930円

サイズ:‎‎36.5 x 31.5 x 12.5 cm
重量:1.6 kg

 

created by Rinker
アサヒ(Asahi)
¥8,980 (2024/04/24 15:22:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

良い口コミ

  • ストレッチ効果抜群です。
  • 軽くて、安定してます。
  • 邪魔にならないので、テレビみながら、YouTubeみながらのっています。

必要なもの

  • 足を乗せた時にギシギシと音がします。壊れないとは思っても少し不安です。
  • ストッパーをしっかりつけておかないと角度を変えたときに急に外れてしまうのが怖い。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ストレッチボードは手軽にストレッチを取り入れることができ、さまざまな体の不調を改善するのに役立ちます。

 

体を動かす機会がない、家で手軽にストレッチをやりたいという方は今回ご紹介した内容を参考にストレッチボードを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です