アームバー50kgはきつい?理由やおすすめ商品などご紹介します!

上半身を効果的に鍛える事が出来るアイテムであるアームバーですが、筋肉量によってかかる負荷がきついと感じるか余裕と感じるか変わってきます。

 

ほとんどのアームバーは、負荷を自由に設定しその時のコンディションに合わせてトレーニング出来るようになっていますが、どのくらいの負荷が自分に合っているのか分からないという人も多いでしょう。

 

そこで今回は、アームバー50kgはきつい?というテーマで、理由やおすすめ商品なども併せながら解説していきたいと思います。

 

アームバー50kgできついと感じる理由

ではまず、アームバー50kgできついと感じる理由について解説していきましょう。

 

筋肉量に合っていない

 

まず1つ目の理由として考えられるのは、筋肉量に合っていないという事です。

 

アームバーの負荷は、小さいものだと20kg前後から設定できるようになっており、50kgの負荷はやや中級者向けの負荷という感じになります。

 

そのため、筋トレを始めたばかりの初心者さんや、女性など筋肉量が多くない人がいきなり負荷50kgでトレーニングをしようとすると当然きついと感じるでしょう。

 

フォームが間違っている

 

2つ目の理由として考えられるのは、フォームが間違っているという事です。

 

アームバーは、腕をどこの位置で安定させてトレーニングを行うかで効く筋肉の場所が変わってきます。

 

それは、負荷50kgでも同じことが言え、そもそもフォームが間違った状態で負荷50kgのアームバーでトレーニングを行うと、本来は負荷がかからない場所に必要以上に力が加わる事になるので、きついと感じるケースがあるのです。

 

アームバー50kgにするタイミング

では次に、アームバー50kgにするタイミングについて解説していきたいと思います。

 

アームバーを初めて使うという場合は、いきなり最初から50kgの負荷は重すぎます。

 

そのため、最初は10~20kg程度の負荷からスタートして、筋肉を慣らしていく事をおすすめします。

 

いきなり重い負荷でトレーニングしたからと言って、すぐにムキムキの体になれるわけではないので、徐々に負荷を大きくしていくようにしましょう。

 

具体的なタイミングとしては、30kg程度の負荷でのトレーニングでは少し物足りないなと感じた時がおすすめです。

 

アームバーの負荷は筋肉量に合わせて選ぶ

アームバーに限らずですが、筋トレはその日のコンディションや筋肉量に合わせて行う事で効果を最大限引き出す事が出来ます。

 

ですので、アームバーはもともと20kg前後~200kg前後というかなり幅の広い負荷を選択出来るような設定になっている事が多く、初心者から上級者まで長い期間アームバーでの筋トレが出来るようになっているのです。

 

そのため、早く効果を実感したいと焦って大きな負荷を選ぶのではなく、最初は軽めの負荷からスタートする事をおすすめします。

 

【アームバー】50kgのおすすめ商品4選!

それでは最後に、アームバー50kgのおすすめ商品をご紹介していきましょう。

 

TANOSHIMUアームバー

TANOSHIMUアームバーは、負荷を10kg~200kgの間で調節する事が可能なトレーニングアイテムです。

 

しっかりとした三角構造になっていて、どの負荷でも同じ可動域でトレーニングする事が出来ます。

 

滑り止め加工が施されているグリップで、汗をかいても滑りにくくバックルが付いているので収納にも困りません。

 

負荷50kgが物足りなくなっても、負荷を重くしていけるのでどんどん鍛えていきたい人におすすめです。

 

参考価格:3,980円

※この商品には、貴重なコメントがあります。詳細はコメント欄にて。

My Visionアームバー

My Visionアームバーは、ストレート型のアームバーで20kg~60kgまでの負荷を選ぶ事が出来ます。

 

負荷50kgが余裕に感じられる場合は、それよりも少し負荷を重くした状態でもトレーニングを行う事も可能で、左右には腕かけ用のロープがついているので安全性にも配慮されています。

 

参考価格:1,380円

LNXアームバー

LNXアームバーは、負荷10kg~200kgまで調節する事が可能で、液晶画面付きなので自動でトレーニングの回数をカウントしてくれます。

 

バネや金属が内部にあるので、トレーニング中にバネが外れたりして怪我をする心配がありません。

ゴムグリップを採用しているので、握りやすく滑りにくい作りで快適です。

 

参考価格:4,980円

 

La-VIEアームバー

La-VIEアームバーは、50kgの負荷が選択出来て、すぐに負荷50kgでのトレーニングを開始したいという人におすすめの商品です。

 

柔らかいゴムグリップなので、女性でも握りやすくフォームが崩れやすい人でも扱いやすいアームバーです。

 

シンプルなデザインなので、部屋に置いておいても違和感がありません。

 

参考価格:2,436円

created by Rinker
La-VIE(ラヴィ)
¥2,709 (2024/06/25 00:10:11時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

さて今回は、アームバー50kgはきつい?というテーマで、理由やおすすめの商品なども併せてご紹介してみました。

 

初めて筋トレをする人にとっては、負荷50kgと聞いてもピンとこないかもしれませんが、筋肉量があまりない人がいきなり50kgの負荷でトレーニングしようとしても、うまくフォームを維持する事が出来ずきついと感じると思います。

 

そのため、まずは筋肉量に合わせた負荷を選び徐々に50kgに近づけて行く事をおすすめします。

 

今回は、負荷50kgのアームバーもご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2 COMMENTS

アームバー初心者

最初に紹介されている油圧式のアームバーですが、実際の最大負荷は60㎏程度なのではないかというレビューがあります。(販売元は違いますがモノは全く同じです)

また、稼働箇所のナットおよび内側のワッシャーがフレームと擦れ、黒い微細な塗料の粉が発生します。(分解して確認しましたが、特にワッシャーの擦れと摩耗が酷かったです)
これが細かな塊となってボロボロと落下し、落下した所が布であった場合、繊維の中に煤やアルミ粉のように入り込み汚れます。

長く使用していけばフレームの擦れる部分の塗料が全て落ちきって塗料粉は発生しなくなると考えますが、それまでの間、部屋や衣服を汚すでしょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です