スライドボードは野球のトレーニングに最適?もたらす効果は?

スライドボードを使ったトレーニングには、様々な効果があります。

 

基礎体力の向上による生活の質をよくすることにも繋がりますし、ダイエットや脚痩せ効果といった美容面からもスライドボードトレーニングには注目が集まっています。

 

そして、アスリートにとっては、スピードスケート以外の様々な種目でも、パフォーマンスアップに繋がるものとして取り入れられています。

 

今回は、特に野球におけるスライドボードトレーニングについて見ていきたいと思います。

スライドボードは野球のトレーニングに最適?野球にもたらす効果は?下半身強化?詳しく教えて?

スライドボードトレーニングの効果として挙げられるものには、下半身や体幹の筋肉の強化といったものがまずあげられます。

 

私達の普段の生活に密接に結びつくものですが、同時に多くのスポーツシーンで、活躍をする、いい結果を残すためには、マストなものです。

 

それにスライドボードを使ったトレーニングをすることで、股関節の柔軟性というのも養われることになりますし、蹴る力、タイミングを身に付けるということにも繋がります。

 

このように、基本的なスライドボードトレーニングをするだけでも、あらゆるスポーツで結果に結びつくものなのです。

 

これは、野球においても同じことが言えます。それは、バッターでもピッチャーでも、勿論、守備や走塁においても効果を発揮するものとなります。

野球においてスライドボードトレーニングをするとどんな効果が?

では、実際、スライドボードトレーニングは野球においてどのような効果があるのでしょうか。

 

シーン別に見ていきます。鍵となるのは、やはり下半身が強化されること、股関節の柔軟性がアップすること、そして身体の使い方が上手くなるということです。

 

まずは、ピッチャーですが、次のような効果が見込めます。

ピッチャーは!?

  • 下半身リードで投げられるようになることで、球速アップやコントロールの向上が見込める。
  • 上半身のみに頼った投げ方でなくなるため、故障が少なくなる。
  • 下半身が粘ることにより、バッターのタイミングを外しやすくなる。

 

次はバッターです。

バッターは!?

  • 飛距離や打球スピードといった打球の質がよくなる。
  • タイミングを外されて、泳ぎ気味になっても粘ることができる。
  • 身体のブレが少なくなるので、選球眼がよくなる。

 

そして、勿論、守備や走塁でも効果が見込めます。

守備や走塁では!?

  • 守備範囲が広くなる。
  • 無理な態勢での捕球や送球にも対応できるようになる。
  • 一歩目のスタートのタイミングがよくなる。
  • 打球を追っている時の目のブレが少なくなる。
  • 盗塁のスタートや牽制への対応が早くなる。

 

といった風にすべてシーンにおいて、スライドボードでトレーニングすることにより、、下半身が強化され、股関節の柔軟性がアップ、身体の使い方が上手くなるということことにより、その結果パフォーマンスアップが見込めます。

 

スライドボードトレーニングのメリットは?少年野球やプロ野球では?

では、スライドボードトレーニングを取り入れるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。スライドボードトレー二ングは次のようなメリットがあります。

  • 雨天やグランドコンディションが悪い時、体育館等の屋内でできる。
  • 家での自主トレには最適。
  • 単調になりがちなトレーニングメニューに変化を加えることができる。
  • 小さいスペースでできるので、大勢が同時にトレーニングをすることも可能。
  • それぞれの、体力やコンディションによって、量や負荷を自分で調整できる。

 

このようなメリットがあるため、少年野球での自主練などにも最適ですが、中学や高校、大学でのチーム練習の一環として取り入れることができます。

 

また、プロ野球でも、下半身強化のメニューというのは、特にピッチャーを中心に、多く取り入れられていて、桜美林大学のコーチとして、後に千葉ロッテマリーンズに1位指名で入団した佐々木千隼投手を育てた横浜ベイスターズで活躍した野村弘樹氏もおすすめされています。

まとめ

スライドボードトレーニングと野球との関係について見てきました。

 

下半身強化は、地道な練習かもしれませんが、その地道な練習が結果に結びつきます。

 

そんな地道な基礎トレーニングの中でも、スライドボードトレーニングは、比較的集中力を持続させて続けることができるものですし、他のトレーニングとは違うところを鍛えることもできますから、是非、チームの、そして個人のトレーニングメニューに加えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です