トレーニングチューブとは?使い方や効果!選び方とおすすめ人気5選は?

今は24時間使えるジムが街の中に見かけるようになったりとトレーニングに対する関心が高まってきているように思います。

 

健康志向は勿論ですが、それだけでなく、美しい身体を手に入れたいという意識やや自分のパフォーマンスを維持する、向上させたいという思いが強いような気がします。

 

当然、家の中でできるトレーニングというものにも関心が高いと思いますが、そんな中でも最も手軽でそれでいて色々な使い方、トレーニング効果が見込めるものの1つがトレーニングチューブだと思います。

 

今回は、そんなトレーニングチューブについて紹介していきたいと思います。

トレーニングチューブとは?

トレーニングチューブとは、ゴム等伸縮性の高い素材でできた、細長いひも状のトレーニング器具です。

 

ロープのような形状のものや平べったいバンド状のものなどがあります。

 

また、グリップがついているものがあったり、トレーニングチューブ自体が繋がっていて輪っかのようになっている場合もあります。

 

それに長さや強度、カラーも色々なものが揃っているので、自分の体力や用途によって選ぶことができます。

トレーニングチューブの使い方はどんな感じ?

トレーニングチューブを使って行うトレーニングの基本は、チューブを伸ばす、そして負荷を感じながら元に戻すということになります。

 

伸ばす際の抵抗や、元に戻ろうとする力に抗うことで、筋力アップなどのトレーニング効果に繋げることができます。

 

また、トレーニングチューブ自体の形が自在に変化するので、色々なトレーニング方法がありますが、次のような動作をすることになります。

  • 腕を使ってトレーニングチューブを伸ばす。
  • 足を使ってトレーニングチューブを伸ばす。
  • 身体全体を使ってレーニングチューブを伸ばす。

そして、これらのトレーニングをする際には、自分の身体を使うだけでなく、どこかにトレーニングチューブの片方の端を固定して行うこともあります。

 

また、バンドタイプのものは、それ単体で使う以外にも他の筋トレと組み合わせて使うことで筋力アップを図ることもできます。

トレーニングチューブの効果やメリットって?

では、具体的にトレーニングチューブを使ってするトレーニングの効果やメリットについて見ていきます。

 

まず、効果についてですが、メインとなる効果は、やはり筋力アップです。

 

筋力をアップすることは、パフォーマンスアップや美しい体型を手に入れるのに役立つばかりか、筋肉量の増加が基礎代謝の向上につながりダイエット効果も見込むことができます。

 

そして、2つ目の効果として、関節の可動域が拡がることにも繋がります。

 

これによって、トレーニングは勿論、色々なケースでのリハビリ目的での使用にもトレーニングチューブが使われるたりもします。

 

また、具体的にどの部分の筋肉が鍛えられるかというと、使い方次第では、全身のありとあらゆる筋肉が鍛えられるといっていいでしょう。

 

上半身だけでなく足腰やお尻の筋肉を鍛えることも可能となってきますから、使い方次第では、効果は無限大なのかもしれません。

 

また、トレーニングチューブを使うトレーニングもメリットとしては、次のようなものがあげられます。

自宅でも簡単にトレーニングができる

トレーニング器具を使ってトレーニングを始めようとすると場所が必要だったり、それなりの準備が必要となることがあります。

 

しかし、トレーニングチューブの場合は、基本的には自分の身体を動かすスペースがあれば大丈夫ですし、手に取ればすぐにトレーニングを始めることができます。

自分にあったトレーニングができる

トレーニングチューブには、色々なものがあり、その使い方も多種多様だというお話をしましたが、強度も色々なものが出ていますし、例えば長いチューブを2重にして使うといったことで負荷を変えることもできますし、いくつか組み合わせることもできます。

 

また、使い方が自由なので、気になる箇所に効果がある運動を自分で選んでいくことも可能になってきます。

手に入れやすく、家の中でも邪魔にならない

トレーイングチューブ自体は、比較的手に入れやすい価格のものが多いですし、収納するのに場所を取ることがありませんから、負荷や長さ、形状が違うものをいくつか持っていても平気です。

 

また、持運びにも便利なので、試合会場や旅先へもっていってトレーニングをすることもできます。

トレーニングチューブの選び方は?

トレーニングチューブを選ぶ際に最もポイントとなるのが負荷です。

 

色々な製品が出ていますが、同じ製品の中でも負荷が違うものが出ていて、色分けされていたりもします。

 

最初からあまり負荷の高いものを選んでも、トレーニング効果が得られないことも考えられますから、その時々で自分にあってものを選んでいくのがいいでしょう。

 

製品によっては、強度の違うものがセットになっていることもあります。

 

あとは、自分のしたいトレーニングの種類によって、グリップの有無や輪っかになったものなどを考えていけばいいでしょう。

トレーニングチューブのおすすめ人気5選を紹介!

では、おすすめの商品を紹介していきます。なお、価格等については、2020年7月17日現在のAmazonでのものになります。

 

WRei トレーニング チューブ

こちらの商品はバンドタイプのものが3本セットになっていて、価格の方は、1,499円となっていました。セットになっている3本は、負荷と長さが違うものとなっています。

 

レッドは長さが1.5メートルで耐荷重が8-10キロと弱いものとなっています。

 

ブルーは長さが1.8メートルで耐荷重が10-12キロとなっています。

 

そして最も負荷の強いイエローは、長さが2メートルで耐荷重が12-15となっています。

 

また、ドアに取り付けることができるアンカーがセットになっています。素材は天然ゴムとなっています。

Lintelek トレーニングチューブ

こちらは、輪っかになっているバンドタイプのトレーニングチューブで、ループバンドとも呼ばれるものです。

 

サイズの方は、長さ60センチ、幅5センチとなっていて、最初から輪っかになっていますから、両腕や両足で拡げるような使い方をするようです。

 

負荷が違う5本がセットとなっています。価格の方は、1,299円となっていました。

FREETOO トレーニングチューブ

ループバンドタイプでも長いタイプのものになります。

 

長さが2メートルほどありますから、足で踏んで引き延ばしたりとか色々な使い方ができます。懸垂の補助としても使われるようですよ。

 

価格の方は最も負荷の少ないレッドで780円となっていました。他にも負荷の違う製品があるようで、ばら売りやセットになってます。

TheFitLife トレーニングチューブ

こちらは、ロープ状になっているものです。

 

ロープ状のチューブの両端にグリップを引っかけるためのフックがついていて、そこにグリップを接続して使います。

 

グリップがあれば持ちやすいかもしれませんね。また、ドアアンカーや足首に巻くようの足首ストラップもついているようですから、本格的な感じがします。

 

こちらは同じ長さで負荷の違う5本のトレーニングチューブがセットになっていて、体力に応じてそれを組み合わせて使います。

 

価格の方は、110ポンドまで負荷が調節可能な方で、2,390円となっていました。

KiflyTooinシットアップ トレーニングチューブ

こちらの商品は、今までのものとは少し違ったタイプのものの組み合わせになります。

 

1つはシットアップと呼ばれるトレーニング用に開発されたもので、片方の端を両足にひっかけるペダルのようになっていて、もう片方の端に持つためのハンドル、グリップのようなものがついていて、足にひっかけながら色々なトレーニングを行うことができるようになっています。

 

もう1つは8の字タイプのトレーイングチューブがセットとなっています。

 

8の字タイプになっていてグリップもついていますから、使い勝手も良好ですね。価格の方は1,299円となっていました。

まとめ

今回はトレーニングチューブについて見てきました。

 

トレーニングチューブは本格的な筋トレ目的だけでなく、ヨガやピラティスといったものでも使われています。

 

体力アップだけでなく、美容やストレス解消といった効果もあるようで、カラフルで女性向けのものも増えています。

 

あれば、間違いなく役に立つものの1つですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です