【メディシンボールゴルフトレーニング】飛距離は向上する?重さは何キロ?

メディシンボールを使ったトレーニングは、多くのスポーツのパフォーマンスアップにも繋がります。

 

それは、ゴルフも同様です。ゴルフの悩みである飛距離アップというと、ついつい闇雲にクラブを振りまわしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、それでは望む結果を得られないことが多くありませんか。

 

今回は、そんな悩めるゴルファーのために、メディシンボールを使ったトレーニングを紹介していきます。

そもそもメディシンボールとは?ゴルフにも有効?

では、最初にメディシンボールについて簡単に紹介しておきます。

 

今やご存知の方も多いとは思いますが、メディシンボールは、サッカーボール、バレーボールぐらいのサイズのものなのですが、通常のボールよりは随分と重くできています。

 

筋トレでのウエイト代わりに使ったり、あとは投げたり、ぶつけるようにして使います。

 

色々な使い方ができるため、野球やゴルフといった道具を使ってボールを遠くへ飛ばす競技のパフォーマンスアップにも有効です。

 

それは、ただ単に筋トレと同じ効果で、ボールを遠くへ飛ばせるようになるだけでなく、メディシンボールを使ったトレーニングを行うことで、飛ばしに必要な身体の使い方を身に付けることができるからです。

メディシンボールゴルフトレーニングの方法は?効果やメリットは?飛距離は向上する?

では、ゴルフのトレーニングにメディシンボールを使う場合は、どのようなトレーニングがあるのでしょうか。いくつかの代表的なものを期待できる効果とともに紹介していきます。

クラブの代わりにメディシンボールを持ってスイングする

メディンボールをクラブ代わりに両手で持って、スイングを行います。

 

この時に気をつけることは、手でメディシンボールの上げ下げをしないということです。

 

ゴルフのスイングのNGに手打ちや打ち急ぎといったことがあります。

 

しかし、重いメディシンボールを使ってスイングをすることで、身体全体を使ってゆっくりとスイングをする感覚を身に付けることができます。

 

また、スイングの軸を意識できるようにもなるでしょう。

 

メディシンボールを投げる

メディシンボールは持ってスイングするだけでなく、投げるように使うことができます。

 

この場合も先ほどと同じで通常のクラブ代わりにメディシンボールを持ちます。そして、スイング動作を行うのですが、飛球線方向に投げ出してみましょう。

 

狙った方向に遠くまで投げるには、ゆっくりと身体全体を使うこと、そして身体を開かずにリリースすることが大切になってきます。これは、実際のインパクトと同じです。

 

このような感覚は実際にボールを打つだけでは感じにくいものですが、メディシンボールを使えば感じやすいと思います。

 

これらのトレーニングで全身が強化され飛距離の向上が見込めます。

 

メリットとしては、メディシンボールゴルフトレーニングは狭い場所でもできる点が嬉しいですよね。

 

スイングするだけならば家の中でもできますし、投げる場合も勿論、実際にボールを打つほどの場所は必要ありませんからね。

メディシンボールゴルフトレーニングの重さの目安は何キロぐらい?

では、メディシンボールゴルフトレーニングでは、どれぐらいの重さのものを使えばいいのでしょうか。

 

使い方にもよりますが、あまり重いものを使う必要はありません。

 

あまり重いものを使うと故障の原因にもなりますから、体力のある人でも3キロ程度でいいかもしれません。

 

女性や体力に自信のない方ならば1キロぐらいでもいいかもしれません。要は、重さを感じられるぐらいといった感じです。

メディシンボールゴルフトレーニングでおすすめのメディシンボールを紹介

それでは、おすすめのメディンボールを紹介していきます。価格等は2020年11月5日現在のものになります。

 

TOEI LIGHT(トーエイライト) ソフトメディシンボール

こちらのメディンボールは通常よりも小さめのものになります。重さは1キロ、2キロ、3キロとあるのですが、1キロのもので12センチ、2キロと3キロのもので14センチとなっています。

 

価格の方は、1キロのもので1,430円となっていました。

created by Rinker
トーエイライト(TOEI LIGHT)
¥2,704 (2020/11/28 14:56:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

柔らかくと持ちやすくできていますし、あまり大きくない方が扱いやすいという方にとってはちょうどいい大きさかもしれませんね。

NISHI(ニシ・スポーツ) メガソフトメディシンボール

こちらは、先ほどとは違って直径が35センチある大き目のタイプになります。

 

この大きさや重さが身体全体を使って投げる感覚を身に付けることに繋がり、全身を使ってスイングすることを覚えることができます。

 

重さは、2キロ、3キロ、4キロ、5キロとそろっていて、価格は2キロのもので6,930円となっていました。

created by Rinker
ニシスポーツ(NISHI)
¥6,930 (2020/11/28 13:16:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

クッション性があるので2人一組での使用などがいいようです。勿論、投げる以外のトレーニングの場合も、この柔らかさはいいですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

メディシンボールゴルフトレーニングについて見てきました。

 

クラブを使った練習の場合は、結果が気になりますが、このメディンボールを使ったトレーニングの場合は、体力の向上も勿論、スイングに必要なリズムやフォームを身に付けることができそうですね。

 

これで、飛距離が伸びれば最高ですよね。

created by Rinker
トーエイライト(TOEI LIGHT)
¥2,704 (2020/11/28 14:56:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ニシスポーツ(NISHI)
¥6,930 (2020/11/28 13:16:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です